シアリスは妊活でも使用される

夫婦生活や恋人との性行為に関してシアリス(タダラフィル)をはじめとしたED治療薬を使用することで妊娠しづらいとか胎児に悪影響を与えてしまうのではないかと考える方は非常に多いです。

しかし、シアリス(タダラフィル)をはじめとしたED治療薬は不妊治療の現場でも専門医からシアリス(タダラフィル)を使ってみますか?と勧められるほど何の影響もないので安心してお使いいただけます。

不妊治療の一環で使われる

不妊治療の現場で使われるED治療薬はどんな時に使われるのでしょうか?

妊活中にEDになってしまう男性も多い

夫婦生活を一緒にある程度過ごしていたら子供を授かりたいと言うことで妊活をはじめようとする人が多いですが、子供が欲しいと願っていても授かりものであるためどうしても望みどおりに子供を授かることが中々難しいと言う人もいます。

そこで不妊治療としてまずは決められた排卵日に性行為を行うというのが一般的なものですが、妊活中にEDに陥ってしまう男性は多いです。

というのは妊活は決められた日に必ずしなければいけません。

この日に必ず性行為をしなければいけないということで男性はしっかりしなきゃ!っていう無意識のプレッシャーが働いてしまって性行為が義務のように感じてしまって思うような勃起にいたることが出来ずにEDになってしまう人もいます。

男性は性行為を必ずしなければいけないということがプレッシャーになってEDになる人は多いので不妊治療の専門医が念のためにシアリス(タダラフィル)やレビトラを勧めて来ます。
※ED治療薬には性的興奮を促進させたり、媚薬のような効果は認められていません。

シアリス(タダラフィル)をはじめとしたバイアグラやレビトラは血管を拡張させて勃起をおさめようとする作用を阻害させるだけなので精子に悪影響をもたらすことはありません。

妊活中にありがたいED治療薬

子供が欲しくても中々恵まれなくて早く子供や孫が見たいとクドクド言われてしまうご家庭も多いです。毎月のように生理が来ることで嫌になったりしてしまう人が多いです。

子供が中々出来ないことでストレスが溜まってしまい夫婦関係が崩れてしまうと言うこともあります。

今は人工授精という手段もありますが、まだまだ成功率も決して高いものではありませんし、一回行うごとの経済的負担はかなり大きく人工授精をしたくても出来ないと言う人が多いですし、自然妊娠をしたいと考える人も多いです。

夫婦関係がギクシャクした形で決まった日に性行為をしなければいけないとなればよりEDになってしまうこともあります。女性からしてみれば大切な排卵日だから逃したくないから是が非でも勃起して欲しいという気持ちですよね。

ED治療薬の存在がEDに対する不安を取り除けるわけです。

妊活をするのであれば安心して悩む前に使用してみましょう。

どうしても不安だと言う人は不妊治療を扱っているお医者さんに詳しく話を聞いて確認をしてみましょう。

【20mg】シアリスまとめ買いの通販価格
値引 通常価格 割引価格 1錠 購入
7箱 17% 59,360円 49,263円 1,759円 通販
5箱 16% 42,400円 35,669円 1,783円 通販
3箱 13% 25,440円 22,235円 1,852円 通販
2箱 9% 16,960円 15,434円 1,929円 通販
1箱 8,480円 2,120円 通販

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする