シアリス(タダラフィル)の効果について

最大の魅力は最大36時間の持続時間

タダラフィルの最大の特徴はやはり最大36時間もの持続効果を持つと言われているその持続性の長さです。

三大ED治療薬とも言えるバイアグラ・レビトラ・シアリスの違いは配合されている有効成分の違いで基本的に勃起不全への作用の仕方と言うのは同じで、成分が違うと言うことです。

シアリス(タダラフィル)はバイアグラ・レビトラと並び三大ED治療薬と呼ばれていますが、一番最新の薬でもあります。

バイアグラやレビトラと同じように勃起を妨げる酵素「5型ホスホジエステラーゼ」の働きを阻害するものです。

バイアグラが5時間から6時間しか効果を発揮しませんが、シアリスは一度服用すればその日1日だけではなくて翌日まで効果を発揮すると言う点が素晴らしくて1錠飲んでおけば飲み忘れの心配もなく服用できると言う点が素晴らしいですよね。

ウィークエンドピルとも呼ばれて世界中で愛用されています。金曜の夜にさえ飲めば日曜の朝まで効果が持続してカップルや夫婦の愛の営みを育むことが出来ます。

シアリス(タダラフィル)はパートナーがいる人からしてみれば欠かせることが出来ないED治療薬なんです。

食事やお酒の影響を受けづらい

日本で一番有名なED治療薬でもあるバイアグラですが、食事の影響を非常に受けやすく必ず空腹状態で服用しないと効果を発揮しません。空腹状態でないと服用しても意味がないということで性行為をするときも当然空腹状態でしか出来ませんでした。

しかし、男女の関係の中で食事を交わした後にホテルに向かったりすることも多いですよね。お酒などもある程度飲んで勢いを付けたいと考える人もいるでしょう。

バイアグラの場合は食事の影響を受けると言うことが利用者からしてみれば非常にネックになる部分でした。

そのネックに感じる食事の影響を受けやすいバイアグラを改善して受けづらくしたのがレビトラやシアリス(タダラフィル)なんです。

レビトラやシアリス(タダラフィル)の場合はある程度の簡単な食事などはとってもそこまで効果に影響を受けづらいとされています。そしてシアリス(タダラフィル)のほうがより食事の影響を受けづらいとされています。

とはいえ、あくまでも受けづらいと言うことであり、まったく受けないと言うわけではありません。

脂っこい食事を取りすぎてしまえば当然ながら体内への吸収率は悪くなってしまいます。シアリス(タダラフィル)を最大限に体感したいと思うのであれば空腹時に服用するのが一番であり、服用するのであれば食べ過ぎに注意しなくてはいけません。

摂取カロリーの目安

  • 日高屋ラーメン:688Kcal(カロリー)
  • カレーハウスCoCo壱番屋 ポークカレー:755Kcal
  • すき家 牛丼/中盛:675kcal
  • 銀だこ たこ焼(ソース・マヨネーズ・青のり・鰹節込):665kcal
  • マクドナルド ビックマック:557Kcal

またお酒に関してもシアリス(タダラフィル)は影響を受けづらくアルコール摂取前後に服用しても問題なく服用可能です。

ある程度のアルコール摂取は精神を安定させてリラックス効果があります。

また時には自分の中で性的興奮を促させて勢いづかせる効果もあります。男女ともに顔が紅潮しますし、女性も艶らしい感じが出てくるので性的興奮しやすくなります。

シアリス(タダラフィル)ならば軽い食事やお酒を飲んだ後にそのままホテルに向かっても効果に影響を受けづらいと言うことも人気があります。

お酒の飲みすぎは冷静な判断を鈍らせ性的興奮が起きなくなるので飲みすぎはいけません。
【20mg】シアリスまとめ買いの通販価格
値引 通常価格 割引価格 1錠 購入
7箱 17% 59,360円 49,263円 1,759円 通販
5箱 16% 42,400円 35,669円 1,783円 通販
3箱 13% 25,440円 22,235円 1,852円 通販
2箱 9% 16,960円 15,434円 1,929円 通販
1箱 8,480円 2,120円 通販

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする