フォーゼスト(シアリスジェネリック)

シアリスと同等成分が入ったジェネリック医薬品が安全に買える!

フォーゼスト20mg × 7箱を通販で購入
28錠 9,957円(1錠 355円)
フォーゼスト20mg × 5箱を通販で購入
20錠 7,965円(1錠 398円)
フォーゼスト20mg × 3箱を通販で購入
12錠 6,257円(1錠 521円)
フォーゼスト20mg × 2箱を通販で購入
8錠 5,254円(1錠 656円)
フォーゼスト20mg × 1箱を通販で購入
4錠 3,980円(1錠 995円)

世界で人気NO.1のシアリスを試してみたいとか、試してみて効果が抜群で継続的に使用したいと考えている人も多いですが、一つのネックとしてED治療薬は金銭的負担がどうしてもかかってしまうということです。

そこで金銭的負担がかからないジェネリック医薬品という言葉が日本でも徐々に浸透していますよね。

ジェネリック医薬品は先発医薬品、つまりシアリス(タダラフィル)と同じ成分が入っているから効果も期待できるということはご存知の方も多いですよね。

ですが調べてみたら値段が商品によってばらつきがあるからどれを選んでいいのか?本当にどれも同じなのか?って不安に思う人も多いですよね。

商品によっては製造元も違うし、海外なのであまりよく調べられないという人のために安心して利用できるシアリスのジェネリック医薬品のフォーゼストについて紹介していきたいと思います。

フォーゼストについて

  • 商品名:フォーゼスト(Forzest)
  • 製造元:サン・ファーマ社
  • 拠点:インドのマハーラーシュトラ州・ムンバイ・ゴーイーガアン・イースト
  • 主成分:タダラフィル(Tadalafil)※20mgのみ製造
  • 剤 形:経口投与のフィルムコーティング剤
  • 効 果:シアリスと同等成分配合
  • 従業員:30,000人以上

インドに拠点を置くサンファーマ社によってフォーゼストは製造、販売されています。このサンファーマ社というのはあまり日本では知られていませんが、非常に大きい世界的大企業です。

サンファーマ社はED治療薬だけではなくて心臓病、眼病、糖尿病、胃腸病、呼吸器疾患、神経障害、腫瘍(がん)治療といった幅広い治療薬を世界150ヶ国以上に渡り輸出しており、5大陸に45か所の製造施設を持つインド国内では売上1位、ジェネリック医薬品の分野では世界第5位の実績を持つ大企業です。

特にインド国内はジェネリック大国と呼ばれているほど多くのジェネリック医薬品がある中での1位ですので信頼と実績は安全性、企業としての透明性は抜群に高いと言えるでしょう。

日本ではフォーゼストは販売されていませんが、医薬品個人輸入代行サイトを使えば正規品を購入することが出来ます。

フォーゼストの効果

フォーゼストの有効成分はシアリスと同じタダラフィルが主成分でシアリスと同等の成分が入っているので、シアリス同様フォーゼスト20mgで24時間から最大36時間効果が持続するED治療薬であり、遅効性で薬を服用してから大体個人差にもよりますが、中央値で3時間で効果が最大限発揮されます。

「ウィークエンドピル」と呼ばれるシアリスと同じように週末の金曜日の夜に飲めば日曜の朝まで効果が続くこともあって経済的にも非常にコストを抑えることが出来ます。

また金曜の夜に服用して24時間経った後にフォーゼストを服用しても問題なくさらなる効果が作用となって現れますのでさらに効果を体感したいという人はぜひとも24時間経ったら服用してみてもいいでしょう。

ただし、シアリス同様、性的興奮作用や性欲が高まるような作用はありませんのであくまでも性的興奮した際に勃起を促してサポートをしてくれるお薬です。

それ以外の性的興奮がない場合は強制的に勃起をすることはないので日常生活に支障をきたすということもありません。

フォーゼストの副作用

シアリスと同様に有効成分タダラフィルには血管拡張作用があることから頭痛、顔の紅潮、火照りが起きやすいとされています。

また、個人差がありますが、目の充血、めまい、腹痛、下痢、動悸、鼻づまり、頻脈、血圧の変化などの症状が報告されています。

稀にまぶしく光を感じたり、緑と青の区別がつかなくなるなどの視覚異常などがありますが、一時的なものですので慌てないようにしましょう。

服用したら必ず副作用が出るというわけではなくて、人によってはまったく副作用がなかったという人も多いです。

ED治療薬の中でシアリス(タダラフィル)は副作用が少ないと言われているのでジェネリック医薬品のフォーゼストも同様に副作用は少ないという使用者の声は多いです。

ただし、副作用が現れて長時間続くようなことがあればすぐに専門の病院に行くようにしましょう。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品という言葉をCMを何度か聴いたことがあったり、病院でも風邪薬などで処方箋として出されてある程度は知っているけれど具体的にどんなものなの?って思う人も多いでしょう。

ジェネリック医薬品というのは先に発売された薬(先発医療)と同等成分が入っているので同等の効果が入っていることが認められた医薬品のことを指します。

もちろん医薬品なわけですから同じ成分を入れればいいというわけではありません。

しっかりとした試験を行わなければいけませんが、その試験は大きく分けて三つあります。

生物学的同等性試験とは・・・
【 体循環血中に入る薬物の速度や量、吸収する薬物量と薬物濃度の同等かの試験 】

安全性試験とは・・・安全性試験とは・・・
【 品質を厳しく管理するための「品質再評価」の試験 】

溶出試験とは・・・
【 酸性やアルカリ性で新薬とジェネリック医薬品の溶け方が同等かの試験 】

この三つをクリアしなければいけないという決まりがあります。

非常に厳しい試験であり、ジェネリック医薬品でも薬の開発に3年から5年もの月日がかかると言われています。

それでも通常の先発医療を開発するとなるとジェネリック医薬品の100倍はかかると言われていますからジェネリック医薬品が開発費が安いために値段を抑えて販売できるので安いのです。

本来、新薬を開発するのには9年から17年かかりますので比較するとジェネリック医薬品が安く発売できるかが分かると思います。

ジェネリック医薬品の落とし穴

ジェネリック医薬品は同等成分が入っているから同じ効果が期待できると言われていますし、値段も同じだから言うことなし!って思うかもしれませんが、ジェネリック医薬品にも大きな落とし穴があります。

ジェネリック医薬品の特許が切れるのは物質特許(薬の本体、有効成分)だけです。

薬の特許には物質特許以外にも「製法特許」や「製造特許」が存在するというのはご存知でしたでしょか?

料理なんかでも違った料理法をすれば栄養素なども逃げてしまいますよね。

薬というのは非常に繊細に作られていてカプセルか錠剤かでも変わってきますし、形の大小によっても効果作用が変わってくることも当然あります。

また同等成分という言葉にも気をつけなくてはいけません。

この同等というのはどこまでを同等と定義して良いのかというと誤差±20%以内であれば同等とみなして良いのですが、±20%ってかなりの違いに感じます。

つまりジェネリック医薬品で同等と言ってもかなりのばらつきがあるということです。

作る会社によって変わってくるので製造元がしっかりしているかは把握しておかなくてはいけません。

その上でサンファーマ社はインド国で第一の売り上げを誇る超一流企業ですから安全性は間違いないですよね。

製造元がしっかりしたジェネリック医薬品を使用することが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする