ED治療について

ED治療薬の最初の薬、バイアグラが日本にやってきたのが1999年ごろで、それまでEDに悩む数々の人を救ってきたED治療薬は様々な進化を遂げてバイアグラから第二世代のレビトラが誕生して、そして今現在は最先端の薬としてシアリス(タダラフィル)が世界のシェア率のNO.1となり、1000万人以上のED患者を救ってきました。

確かに薬をキチンと服用することでEDが改善されてパートナーとの性行為を十分に楽しむことが出来るようになったと思います。

ただEDは病気であり、病気ということは治すことが出来るわけです。

ED治療薬を一度でも使ってしまうとそれ以降はED治療薬がないと不安で仕方がないという人もいます。

しかし、原因を究明をしてしっかりとその原因を向き合っていくことでEDを克服してED治療薬に頼らずに昔の薬に頼ることなく性行為を行うことが出来るようになります。

そのためにはまずは原因究明をしていく必要がありますのでEDになってしまう原因を把握しましょう。

EDになる原因とは

ED(勃起不全)になる原因と言うのは色々な原因がありますが、大別すると二つに分けることが出来ます。

器質性EDの原因

EDの原因となる最も大きな原因の一つが生活習慣病とも言われている糖尿病や腎臓病、高血圧症の方がなります。

これらの病気と実に密接に関係にあると言われているのがEDです。

糖尿病と言うのは血液中の等分の濃度が高すぎる状態で続く病気です。

自覚症状がないために発覚するまでに気付きにくくまた世間的にそこまで重病という認識でもないですが、悪化してしまえば非常に危険な影響を体に与えてしまい、失明や腎臓機能障害や手足が壊疽してしまうなどの可能性もあります。

そして重大な合併症が起こってしまうものですが、その一つとしてEDが上げられるのです。

糖尿病患者の3人に1人がEDを自覚していると言われているほどで、糖尿病の方の80%がEDを合併しているといわれています。

EDになったら糖尿病や高血圧症を疑って病院で健康診断をして貰っても良いかもしれません。

生活習慣病は日々の習慣が引き起こすものですから誰もがなりうる可能性を持っています。日本だけでも全国で約820万人もの人が糖尿病の疑いがあると言われているほど身近な病気ですの決して楽観視しないようにしなくてはいけません。

他にも高脂血症もこのタイプのEDの原因となってしまい血がドロドロになったことで血流が陰茎に上手に運ばれなくなったことで起こります。

他の器質性EDとでは椎間板ヘルニアや脊髄の損傷などによって神経が障害されてしまったことでEDになってしまいますので気をつけましょう。

神経を圧迫されたことで脳からの勃起をしろ!という命令がきちんと伝達されなくなってしまい。

他には加齢によって骨が変形をしてその骨が神経を圧迫したことでの神経障害も考えられます。

器質性EDというのは何かしらの病気のシグナルがEDとなって表れてしまっている可能性がありますのでEDに陥ったら最近の食生活、偏食をしていたり、不健康な生活リズムを送っていないかを確認しましょう。

心因性EDの原因

心因性EDは、ストレス、不安、うつ病などの心理的な原因によって起こるEDのことを指し、ストレス社会と呼ばれている現代社会の中で生きる20代~30代の方がEDになってしまう最も多くの原因がこの心因性のEDの原因です。

たとえば会社内で上司からの激しいパワハラなどを受けたり、いつも朝から晩まで残業ばっかりでストレスが溜まって性行為をする気にもなれないとか、将来の希望が持てないことや人間関係がうまくいかないことでのうつ病などを患ってしまうことでEDになってしまいます。

他には性行為のときに女性から「 Hが下手くそで気持ちよくない 」とか「 なんか男らしくない 」と言われたことによってそれがトラウマとなってしまって上手に勃起をすることが出来ずに性行為がうまくいかなくなってしまったとかがあります。

性性行為がうまくいかなかったときにパートナーもやはり私にもう魅力がなくなってしまったのかな?とか思ってしまいますし、人によっては他の人と浮気を疑ってしまっているかもしれません。

そういったがっかりするような表情とか態度というのは男性も感じ取ってしまいますよね。

次こそは失敗できない!というプレッシャーが更なるEDへと進んでいってしまうものです。

焦りやプレッシャーから性行為そのものが楽しめずにむしろ苦痛となったり嫌になってしまって遠ざかってしまいがちですが、本来ED治療は積極的に性行為をすることがED治療の一つとも言われています。

ダメで元々と考えてパートナーに最後まで行為は出来ないかもしれないけどしようと男性は正直に伝えて性行為をしましょう。

また今はアダルトグッズなどがありますよね。そうすることで性のおもちゃなどを性行為をより楽しめるグッズなども販売されていますよね。

下手といわれても道具を使ったりして女性を満足させることでまずは一安心をするものです。

ED治療についてまとめ

色々な原因が考えられるEDですが、EDになったとしても悲観的にならず、なぜなってしまったのか?というのをまずは突き詰めることが重要です。

原因が分からない限りは対処の使用がありませんよね。EDとなるのも体が発するシグナルだと思って健康に気をつかうようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする